ちゅう太のつぶやき
対局の感想中心の日記


PROFILE
ちゅう太
  • Author:ちゅう太
  • 日本将棋連盟棋士
  • RSS


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • 移転します!(04/15)
  • 誕生日(04/13)
  • 移動(04/04)
  • 達先生の訃報 (03/28)
  • 課題(03/15)


  • RECENT COMMENTS
  • 再生医療みならい(09/23)
  • ぷら(12/31)
  • ちゅう太(04/17)
  • 島内善光(04/16)
  • A.H(04/15)
  • あお(04/15)
  • ちゅう太(04/09)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 囲碁の知識:(10/09)
  • TOEIC990点を目指す。:【将棋】上野五段のブログが移転(04/18)
  • 即席の足跡《CURIO DAYS》:久々に将棋のこと(03/11)
  • TOEIC990点を目指す。:【将棋】上野四段がC級1組へ昇級(03/08)
  • 暢気亭日乗~のんきていにちじょう~:今日の中継は、、(02/08)


  • ARCHIVES
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (7)
  • 2006年07月 (10)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (1)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (2)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年07月 (1)


  • CATEGORY
  • 未分類 (9)
  • 対局 (21)
  • 言葉、本 (8)
  • その他 (11)
  • 日々の暮らし (31)
  • お仕事 (4)
  • 将棋全般 (21)


  • LINKS
  • ちゅう太のつぶやき(さるさる日記)


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    充実
    将棋世界8月号が発売になりました。

    まず、羽生ロングインタビューが読み応えがあります。
    で、一番印象に残ったのはこの言葉です。

    「タイトルを持っているということは、
     決勝から出ているにすぎません」


    すごい・・・・。
    これは、幾多のタイトル戦を戦った人でないと言えない、
    本当に重みのある言葉だと思います。

    他にも、
    「棋聖戦、ダブル自戦解説」
    「トップ6棋士夢の競演」
    「勝又教授のこれならわかる!」

    などなど、編集部の意気込みが伝わる仕上がりと思います。
    買おうかどうか迷っている方、迷うことはありません!

    ちなみに、今月号は、僕も二本原稿を書いています。

    「名局セレクション」と、
    「1ページ講座」です。
    感想等ありましたら、コメント頂けると嬉しいです。
    もっと、うまくなりたいのです。

    スポンサーサイト

    【2006/07/03 01:46】 将棋全般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)

    この記事に対するコメント
    遊々でお世話になってます。さっそく将棋世界読みました!私も居飛穴を指します。しかし私の周りの振り飛車党の方達は私よりも強い上に、居飛穴に組にいこうとすると、藤井システムできたり、仮に松尾穴熊に組めても捌けなかったり逆に押さえ込まれてしまいます。居飛穴はうわてに指すときは受けにまわる展開が多くそのまま潰されてしまいます。かといって急戦でもしっくりいきません。穴熊をやるときは相手を選んだほうがいいものですか?あと細い攻めをつなげて一手勝ちをめざす展開にするにはどうしたらいいですか?このふたつが今、私が居飛穴を指す時の疑問であり課題です。ちなみに私と同じぐらいの相手と指す時は居飛穴だとほとんど負けないんですけど…。感想でなくてごめんなさい。結構、深刻だったりもします。もしよろしければアドバイスください。名局セレクションのほうは、入玉将棋ですよね!さっき実際にならべてみましたけどすごいです。他に言葉が見つかりません。私はまだ入玉将棋や千日手を経験したことがありませんけど、とにかくすごいです。
    【2006/07/03 05:01】 URL | #-[ 編集]

    ↓のコメント私が書きました。名前忘れてしまいましたm(__)m。
    【2006/07/03 05:04】 URL | よっすぃ。 #-[ 編集]

    はじめて投稿する将棋好きな者です。プロ棋士ののブログはその人の個性が出でいて、いいと思います。(当たり前と思われますが)

    将棋世界7月号→将棋世界8月号

    日記を見ると誤りがあったので・・・
    【2006/07/03 14:19】 URL | A.H #-[ 編集]

    息子から「1ページ講座」を読んで:
    「よくわかりました。でも、1ページだけで、残念です。6五同桂と7七角成の変化も解説していただきたかったので、将棋連盟の担当者の方はどうか上野四段に1ページじゃなくて3ページあげてください。」
    ・・・感想になってなくてすみません。
    【2006/07/03 16:29】 URL | まーママ #-[ 編集]

    皆様、コメントありがとうございます☆

    >よっすぃさん

    穴熊は僕も多用しますが、

    1、組むまで(に藤井システム等で攻められた時)
    2、充分に組んだ後

    の二つは、全く性質は違いますが、
    どちらも大事です。
    1は、相手玉の弱点を突いた攻め合いに持ち込みたいですし、
    2は、細かい攻めをつなげる・・特に飛車角をうまく使うことが、ポイントと言えそうです。
    また、遊々でもお話しましょう!

    名局セレクション、並べて頂きありがとうございます。
    あれはすごい将棋でした。

    >A.Hさん

    間違いの指摘、どうもありがとうございました。
    早速訂正しておきました。

    今後ともよろしくお願いします(^^)

    >まーママさん

    僕もあと1ページ欲しかったです(笑)
    では簡単に書いておきますが、

    ①△6五同桂は▲3三角成△同桂▲2四飛でやや先手良し
    ②△7七角成は▲同桂△3三角・・・でいい勝負かやや先手持ち、です。
    【2006/07/05 01:43】 URL | ちゅう太 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。