ちゅう太のつぶやき
対局の感想中心の日記


PROFILE
ちゅう太
  • Author:ちゅう太
  • 日本将棋連盟棋士
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 移転します!(04/15)
  • 誕生日(04/13)
  • 移動(04/04)
  • 達先生の訃報 (03/28)
  • 課題(03/15)


  • RECENT COMMENTS
  • 再生医療みならい(09/23)
  • ぷら(12/31)
  • ちゅう太(04/17)
  • 島内善光(04/16)
  • A.H(04/15)
  • あお(04/15)
  • ちゅう太(04/09)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 囲碁の知識:(10/09)
  • TOEIC990点を目指す。:【将棋】上野五段のブログが移転(04/18)
  • 即席の足跡《CURIO DAYS》:久々に将棋のこと(03/11)
  • TOEIC990点を目指す。:【将棋】上野四段がC級1組へ昇級(03/08)
  • 暢気亭日乗~のんきていにちじょう~:今日の中継は、、(02/08)


  • ARCHIVES
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (5)
  • 2007年01月 (8)
  • 2006年12月 (5)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (6)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (7)
  • 2006年07月 (10)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (7)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (1)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (1)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (2)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年07月 (1)


  • CATEGORY
  • 未分類 (9)
  • 対局 (21)
  • 言葉、本 (8)
  • その他 (11)
  • 日々の暮らし (31)
  • お仕事 (4)
  • 将棋全般 (21)


  • LINKS
  • ちゅう太のつぶやき(さるさる日記)


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    様々な角度から
    名人戦のことについては触れないでおこうと思ったのですが、
    他の軽い話題もなんだか書きづらいし、
    そもそも最近は頭の中のほとんどがそれで占められているので、
    少し書くことにします。

    いろいろと考えました。
    棋士や、いろんな人と話しました。
    30年前のこともたくさん聞きました。
    各新聞、週刊誌も大体チェックしました。
    棋士その他のブログも読みました。
    (特に、渡辺竜王のブログについている膨大なコメントは、
     非常に参考になりました)
    会計の入門書を数冊読み、
    それをもとに将棋連盟の決算書を自分なりに調べました。

    「棋士」ってなんだろう。
    遠回りになるかもしれませんが、
    そこから考えていこうと思っています。


    【2006/04/28 22:29】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)

    ありがとうございました
    棋王戦は既報の通り、森内名人が3勝1敗で見事棋王位を獲得しました。
    北國新聞

    また、僕自身も無事に解説の役目を果たすことができました。

    東京の将棋会館の解説会に来て頂いた皆様、
    本当にありがとうございました。
    また、現地での解説会、大阪での解説会に来て頂いた方にも、
    お礼を申し上げます。

    東京では、解説会の来場者数が年々減っていました。
    でも僕は、
    「タイトル戦という棋界のトップの素晴らしい勝負、素晴らしいドラマを、
     生の解説で観たい!という人はいるはず。
     やり方次第でたくさんの方に来て頂けるのではないだろうか」
    と思っていたのです。

    今回、解説を依頼された時にまず考えたのは、
    「告知、宣伝をすること」でした。
    聞き手の環那ちゃんと二人のプロフィール、
    コメントを載せたチラシを作成し、
    400枚刷って他の解説会や、将棋会館の教室で配りました。
    また、自分のブログで宣伝をして、
    それをブログを書いている棋士、女流棋士に頼んで、
    紹介をしてもらいました。
    (ご協力頂いた皆様、ありがとうございました)
    (なお、遠山四段には、
     今日も今回の解説会について書いてくれました
     ありがとう☆)

    その結果、棋王戦第3局の解説会が30名台だったのに対し、
    69名の方に来て頂くことができました!
    倍ぐらいの数字です。
    (ただし、もっと増やせるのでは、と思います)

    さて、人数は集まりました。
    そこでさらに大事なことは、
     ・来て頂いた方に満足して帰ってもらえるか
     ・「次回の解説会にもまた行こうかなあ」と思ってもらえるか
    です。

    僕は解説会の正式な解説はほぼ初めてでしたが、
    飛び入りで解説会に参加したり、
    遊々将棋塾で毎月自戦解説をしているので、
    解説にはある程度の自信はありました。

    自己評価としては、
    コメント通り、分かり易く丁寧に解説できたかと思っています。
    また、聞き手の環那ちゃんも、あいづちや笑顔、
    うまいタイミングの質問、詰む詰まないの判断の正確さ、
    果ては天然のボケで笑いを取るまで(笑)
    素晴らしい聞き手ぶりを発揮していたと思います。
    (人数が増えたのは、彼女の人気ももちろん大きいでしょう☆)

    全体的には、たくさん笑って頂き、
    質問や、鋭い指摘もたくさんあり、
    とても良い解説会だったのではないかと思っています。

    終了後にアンケートも書いて頂いたのですが、
    概ね良い評価をして頂けたようです。
    もちろん、改善点の指摘もあり、
    これは次回以降に生かしていきます。

    またこうした機会があれば、
    皆さんに「来てよかった」と思ってもらえる解説会にしたいと思っています。

    最後に、
    飛び入りで参加してくれた遠山四段、戸辺三段、
    チラシ作成の相談で、夜11時に呼び出して(笑)来てくれたMさん、
    どうもありがとう!


    【2006/03/12 23:54】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)

    解説します!
    昨日は「将棋連盟で一番長い日」A級順位戦最終日。
    「ネットで」「衛星放送で」「直接会場にて」ご観戦の皆様、
    お疲れさまでした。

    僕は、毎年将棋会館で観戦しています。
    なんだかこう・・この日だけは連盟に行かなきゃ、と思うのです。
    まあいつもいると言えばいるんですけれど。
    今年は23時頃から解説会に飛び入り参加して、
    屋敷さんと一緒に解説していました。
    一年でこの日だけ会う方も多く、
    久し振りの再会はとても嬉しいものです。

    ところで。

    A級順位戦の方も盛り上がりましたが、
    棋王戦も、森内挑戦者が連勝の後、羽生棋王が一勝を返し、
    俄然盛り上がってきました。

    そして、3月11日(土)に将棋会館で棋王戦第4局の解説会がありますが、
    上野が解説をさせて頂くことになりました☆
    聞き手は、TVや各種イベントで大人気の鈴木環那さんです(^^)

     棋王戦第4局 大盤解説会 

    ・日時 3月11日(土)午後5時半 開場
                  午後6時  開始 *終局まで解説
    ・場所 将棋会館 2F研修室
    ・料金 一般            2000円
        支部会員、女性、学生 1500円

    ・解説者 上野裕和四段
    ・聞き手 鈴木環那女流1級

    ・お問い合わせは日本将棋連盟 道場課(03-3408-6167)まで

    では、二人のコメント、抱負を。

    上野「棋界屈指の二人の勝負の魅力を分かりやすく、
       かつ丁寧に解説致します!
       私自身、この解説会をとても楽しみにしていますし、
       聞き手の鈴木さんと皆さんで、楽しい会にできたらと思っています」

    鈴木「素晴らしいカードの聞き手をさせて頂くことになりました☆
       とても難解な将棋になると思いますので、解説の上野四段に
       どんどん質問して、皆さんと一緒にタイトル戦の熱い戦いを
       観て感動できたらと思います!」

    関東近県で将棋ファンの皆様、もしよろしかったらご来場下さい!

    なお、この週はその他の解説会もありますので、
    こちらも来て頂ければとても嬉しいです☆
    詳しくは将棋連盟HPをご覧下さい。

     3月 7日 王将戦第6局(羽生ー佐藤康) 高橋九段 竹部女流三段
     3月10日 朝日挑決  (藤井ー郷田)   森下九段 山田久女流三段
            B2最終局 (内藤ー田中)   
           *米長永世棋聖スペシャルトーク有り
     
    【2006/03/04 23:37】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)

    工夫
    シャーペン風の消しゴム、って言って分かる方います?

    見たことのない方のために説明すると、
    シャーペンの芯の代わりに消しゴムの芯(?)になっていて、
    ノックするとそれが出てきて字を消せる訳です。

    これを初めて見た時の感想は
    「・・これって意味あるんだろうか???」
    だって、消しゴムは消しゴムで四角いやつが普通に売ってる訳で。
    それをわざわざペン状にしなくても・・と懐疑的だったのです。

    でも、これが使ってみると便利!

    僕はいつも手帳にシャーペンを一本差しているんですが、
    シャーペンの上についている小さい消しゴム、
    あれは消えづらいしすぐになくなってしまうので不便。
    替えの消しゴムを買う気はあまりしません。
    四角い「MONO消しゴム」なら消しやすいのですが、
    あれをかばんの中に携帯するのも面倒。

    で、現在はこのシャー消し(?)を愛用中です。
    最近のちょっと嬉しい買い物でした。


    【2006/02/18 02:30】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)

    うーん
    「謹賀新年」が、3つも更新されていました(大汗)。
    まあ、「クリックしたのになぜ更新しないんだ!」と怒りながら、
    執拗にマウスをクリックしている場面を想像してやってください・・。

    この事件(?)があったために、
    しばらくブログを見ていませんでした。
    また、気が向いたら書いていこうと思います。

    さて、最近読んだ本の話でも。

    「話し合いの新技術」(プレジデント社、堀 公俊)

    この本を読んで、僕は初めて「ファシリテーター」
    という言葉を知りました。
    一つの意味としては「会議の進行役」です。
    「プロ・ファシリテーター」という職業も存在するんですねえ。
    知らなかったし、それだけ重要な技術なのでしょう。

    最近会議に出ることが多いので、とても参考になります。
    例えば、「第4の原則・一度に一つのことしか議論しない」。
    当たり前と言えば当たり前ですが、
    話が飛ぶこともあるので、意外と守られていないことだと思います。

    【2006/01/25 02:03】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。